スポンサードリンク




オレンジの香りは食欲を上げるのか下げるのか?


オレンジの香りは人の気持ちを穏やかにする、そしてどちらかと言えば副交感神経を刺激すると言われます。

では、これ、ダイエット効果で考えたときにはどうでしょうか?

オレンジの香りは食欲を亢進させるのでしょうか、それとも低下させるのでしょうか?


一時期流行ったダイエットにグレープフルーツダイエットというのがありました。

テーブルの上に香りのよいグレープフルーツを置いておいて、食事の前には鼻を近づけて、その鮮烈な香りを胸いっぱいに吸い込んで、5分ほど食事に箸をつけるのを待ちます。

それから食べると、食欲が抑えられて自然に摂取量を減らせるというのですね。


そんなことで効果があるのかなあ、と、思って試してみたのですが、最初は多少効果があるような気がしました。

グレープフルーツの酸味が脳裏をよぎると唾液は出てくるものの、ごはんへの食欲は逆に抑えられる気がしました。

ただ、継続できませんでした。

グレープフルーツはテーブルの上に置いておくと次第に香りが落ちていくし、美味しくなくなるのがもったいないからって食べちゃうし。(笑)



まあ、それは我が家の問題であって、3日おきに新しいグレープフルーツを買ってきて飾っておくことのできる家なら効果的かもしれません。

それはでも、どうしてグレープフルーツの香りが食欲を抑えるかというと、メカニズムはよくわからないそうです。

ともかく、食欲中枢の興奮が静まるというのですね、空腹時であっても。


では、オレンジは、蜜柑はどうでしょうか?

確かに、普通の蜜柑のにおいがプンプンする食卓で晩御飯を食べると、今一つ食欲が刺激されないかもしれませんねえ。

でも、蜜柑の場合はデザートに蜜柑を食べたい、という気持ちが勝るかもしれません。

だってあの甘味がとても魅力的なんだもの。


ということで、私の場合はグレープフルーツはほどほど、でも、オレンジスイートの香りはダイエットには向いていない気がします。

デザート心に火が付くだけのような(笑)。

スポンサードリンク


posted by オレンジスイート at 10:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | オレンジスイート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。