スポンサードリンク




懐かしい故郷の家族の思い出と共にあるのが蜜柑の香り


「みかん」と聞くと皆さんはどんなイメージを想像しますか?


私の場合はふつうの、手で剥く温州ミカンですね。

それも炬燵に座ってテレビを見ながら、あるいは家族と話しながらむいて食べる蜜柑です。

みんなで3つずつとか食べるとすぐにテーブルの上の蜜柑の盛りかごからそれもなくなって。

じゃんけんに負けた人が寒い廊下まで取りに走る、寒くてあったかくてなつかしいみかん。


オレンジの香りは人の気持ちを和やかにする作用があります。

それは温州ミカンのそういう思い出と連動するからなのかなと思ったら、別に日本だけでなく、世界的にオレンジの香りには人を温かく、どこか懐かしい気持ちにさせる効果があるようです。

きっと、人間の副交感神経を刺激して穏やかな気持ちにしてくれる効果があるのでしょうね。


どうして蜜柑にそういう香りが備わっているのか?

世界中の人を幸せな気持ちにさせてくれるのか?


これは、逆に見れば、幸せな気持ちにさせてくれる果物だから、人間が好んで植えて、改良してきたということも言えますね。

ほんわかした気持ちにさせてくれるこの果物を発見した我々の先祖たちがこの木の生えている土地に住み、この木の果実から種を取って育て、そして家の周りにも植える。


そんな情景が特に色濃く見えるのがスペインです。

スペインでは街路樹にオレンジの木を植えている町がとても多くて、そして鈴なりのオレンジを誰もせっせと採るわけではない。

だって、それぞれの家の庭にも生えているし、果物屋さんではすごく安い値段で売っていますから。


でも、街路樹のオレンジは愛されます。

あのオレンジ色が、スペインの抜けるような青空と綺麗なコントラストを描く街並みは、それもまたどこか懐かしくほんわかさせてくれる風景なのです。

我々はみんな、蜜柑が、オレンジが大好きです。



スポンサードリンク


posted by オレンジスイート at 18:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | オレンジにまつわる話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/297291941
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。